コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

パケット交換 パケットコウカン

4件 の用語解説(パケット交換の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

パケット‐こうかん〔‐カウクワン〕【パケット交換】

パケットスイッチング

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版の解説

パケットこうかん【パケット交換】

データ通信ネットワークで、パケットを交換機内で短時間蓄積し、一定の単位に分割しながら送信する方式。回線を有効に利用でき、正確な長距離通信が可能となる。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

パケット交換
ぱけっとこうかん
packet exchangepacket switching

通信メッセージデジタル化し、それを所定の長さに分割し、おのおのに送信先と発信元などの情報をつけた信号列をパケット(小包)とよぶ。このようなパケットを送信先にしたがって振り分けることにより通信の交換を行う方式をいう。パケット交換を用いる通信方式は1960年代初期にアメリカのマサチューセッツ工科大学MIT)、ランド研究所RAND)やイギリスの国立物理研究所NPL)で独立に開発された。通常の電話などの通信では、メッセージを通す接続経路をあらかじめ定め、その経路上に通信メッセージがのせられるのに対し、パケット交換による通信では、交換機に届いたパケットを見て次に渡すべき交換機が指定される方式をとり、一つの回線上にさまざまなメッセージのパケットが相乗りすることになる。コンピュータネットワークのようなデジタル通信ではそのメリット最大限に発揮される。インターネットの前身となるARPANETアーパネット)などで利用され、現在のコンピュータ・ネットワークでは必須の技術になっている。音声、画像、さらに動画さえもが現在ではデジタル化されて送信されるため、これらもまたパケット交換網にのり、それによって従来の接続相手を固定して行う方式よりも経済的に通信が行われるようになってきている。やや音質が落ちるものの、インターネット電話のほうが既成の電話よりも格安になる最大の理由はパケット交換にある。今後は伝送情報の品質をよくするいわゆるQoS(Quality of Service)の向上が急速に進むであろう。そうなると通信や双方向通信の低価格化と高機能化がますます進展することとなる。[田村浩一郎]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

パケット交換の関連キーワード受像管アナログ-ディジタル変換器アナログ‐ディジタル変換アナログ伝送サービス総合ディジタル網ディジタルオーディオディジタル回路ディジタル交換ディジタル伝送

今日のキーワード

日本政策投資銀行

1999年に日本開発銀行と北海道東北開発公庫を統合し、発足した政府系総合政策金融機関。一般の金融機関が行なう金融などを補完・奨励し、長期資金の供給などを行ない、日本の経済社会政策に金融上で寄与していく...

続きを読む

コトバンク for iPhone

パケット交換の関連情報