パケット交換(読み)ぱけっとこうかん(英語表記)packet exchange

日本大百科全書(ニッポニカ)「パケット交換」の解説

パケット交換
ぱけっとこうかん
packet exchange
packet switching

通信メッセージをデジタル化し、それを所定の長さに分割し、おのおのに送信先と発信元などの情報をつけた信号列をパケット小包)とよぶ。このようなパケットを送信先にしたがって振り分けることにより通信の交換を行う方式をいう。パケット交換を用いる通信方式は1960年代初期にアメリカのマサチューセッツ工科大学MIT)、ランド研究所(RAND)やイギリスの国立物理研究所(NPL)で独立に開発された。通常の電話などの通信では、メッセージを通す接続経路をあらかじめ定め、その経路上に通信メッセージがのせられるのに対し、パケット交換による通信では、交換機に届いたパケットを見て次に渡すべき交換機が指定される方式をとり、一つの回線上にさまざまなメッセージのパケットが相乗りすることになる。コンピュータ・ネットワークのようなデジタル通信ではそのメリットが最大限に発揮される。インターネットの前身となるARPANET(アーパネット)などで利用され、現在のコンピュータ・ネットワークでは必須の技術になっている。音声、画像、さらに動画さえもが現在ではデジタル化されて送信されるため、これらもまたパケット交換網にのり、それによって従来の接続相手を固定して行う方式よりも経済的に通信が行われるようになってきている。やや音質が落ちるものの、インターネット電話のほうが既成の電話よりも格安になる最大の理由はパケット交換にある。今後は伝送情報の品質をよくするいわゆるQoS(Quality of Service)の向上が急速に進むであろう。そうなると通信や双方向通信の低価格化と高機能化がますます進展することとなる。

[田村浩一郎]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

今日のキーワード

鳴き竜

天井と床などのように互いに平行に向き合った堅い面がある場所で拍手・足音などの衝撃性短音を発したとき、往復反射のためピチピチとかブルブルなど特殊な音色をもって聞こえることがある。この現象をフラッターエコ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android