コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

パズドラ ぱずどら

知恵蔵の解説

パズドラ

2012年2月に登場したスマートフォン向けの無料ゲーム。正式名称は「パズル&ドラゴンズ」。iOS4.3以降のiPhoneやiPad、Android2.3以降のAndroidスマートフォンなどで利用できる。開発元は、オンラインゲームやスマートフォンアプリなどの開発、配信、運営を手掛けるガンホー・オンライン・エンターテイメント株式会社
パズドラは、「パズルRPG」と呼ばれるゲームで、パズルゲームの要素と、戦いなどを通してキャラクターを成長させていくRPG(ロールプレーイングゲーム)の要素を併せ持っている。ゲームの基本は、「ドロップ」と呼ばれる何種類かの絵柄を、縦か横に三つ揃えて消す簡単なパズルゲームである。ドロップを消すと、プレーヤーの育成しているモンスターが敵モンスターに攻撃をする仕組みになっている。消すドロップの種類や数によって攻撃力などが異なってくるため、ドロップの消し方を工夫しながら敵モンスターを倒し、ダンジョンを攻略していく。
ダンジョンへ挑む際には、6体のモンスターまでしか連れて行くことができないが、モンスターごとに倒しやすい敵の種類が違うので、手持ちのモンスターを組み合わせ、戦いやすいチームを編成する必要がある。
また、戦闘の際に新しいモンスターの「卵」を獲得したり、モンスター同士を合成させて、モンスターの能力をアップさせたりすることも可能。
更に、パズドラには、他のプレーヤーとのコミュニケーションが可能な「フレンド機能」がある。この機能を使うと、他のプレーヤーへのメール送信ができるだけでなく、他のプレーヤーのモンスターを「助っ人」として呼び入れ、戦闘を有利に進めることができる。
パズドラの利用自体は無料だが、ゲームの進行を助ける「魔法石」というアイテムを始め、有料のアイテムも存在する。
13年5月18日には、累計ダウンロード数1400万を突破した。

(横田一輝  ICTディレクター / 2013年)

出典 (株)朝日新聞出版発行「知恵蔵」知恵蔵について 情報

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

パズドラ

ゲーム開発会社「ガンホー・オンライン・エンターテイメント」が2012年2月、スマートフォン向けに無料配布を始め、今年1月までに計2300万回ダウンロードされた。執に現れる敵を倒しながらストーリーを進めるロールプレイングゲームで、6種の異なる図柄を三つ以上つなげて消すことで敵を攻撃し、モンスターを手に入れたり、成長させたりする。強いモンスターを持つ「名人」はネット上で憧れの存在でモンスターを育てるアイテムは有料で売られている。

(2014-02-03 朝日新聞 夕刊 2社会)

出典 朝日新聞掲載「キーワード」朝日新聞掲載「キーワード」について 情報

デジタル大辞泉プラスの解説

パズドラ

ガンホー・オンライン・エンターテイメント株式会社が提供するスマートホン用ゲームアプリ「パズル&ドラゴンズ」の略称

出典 小学館デジタル大辞泉プラスについて 情報

パズドラの関連キーワードパズドラクロス工藤トシキ吉永拓斗樋口彩夏黒滝サク余美宝椿直

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

パズドラの関連情報