コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

パタスモンキー patas monkey

2件 の用語解説(パタスモンキーの意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

パタスモンキー【patas monkey】

霊長目オナガザル科に属する旧世界ザルイラスト)。レッドモンキーred monkeyともいうように,頭から背,腰,尾などが赤褐色である。胸や腹部は白い。パタスは原地語で“赤い”を意味する。頭胴長58~75cm,尾長62~74cmとオナガザル科の中では比較的大型であるが,四肢が細長くすらりとした体型をしている。また,雄と雌には著しい体格差がある(雄7~12kg,雌4~7kg)。西アフリカからナイル川上流域にわたるサバンナ,草原,半砂漠に生息する。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

パタスモンキー
ぱたすもんきー
patas monkey
[学]Erythrocebus patas

哺乳(ほにゅう)綱霊長目オナガザル科の動物。1属1種で、オナガザル属Cercopithecusと近縁である。アフリカの西部から東部にかけてのサバンナ地帯に分布する。地上生活に適応し、高速の疾走に適した短い指と長い四肢をもち、すんなりとした体格をもつ。体長、尾長とも約70センチメートル。体毛は背側が赤褐色で、腹側は白い。食性は植物性食物を中心とする雑食で、昆虫やトカゲも食べる。1頭の雄を含む10~30頭の単雄群をつくり、50平方キロメートルもの大きな遊動域をもつ。群れの成員は、日中はまとまって行動するが、夜は広く分散して眠る。[川中健二]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone