コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

パタスモンキー patas monkey

2件 の用語解説(パタスモンキーの意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

パタスモンキー【patas monkey】

霊長目オナガザル科に属する旧世界ザルイラスト)。レッドモンキーred monkeyともいうように,頭から背,腰,尾などが赤褐色である。胸や腹部は白い。パタスは原地語で“赤い”を意味する。頭胴長58~75cm,尾長62~74cmとオナガザル科の中では比較的大型であるが,四肢が細長くすらりとした体型をしている。また,雄と雌には著しい体格差がある(雄7~12kg,雌4~7kg)。西アフリカからナイル川上流域にわたるサバンナ,草原,半砂漠に生息する。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

パタスモンキー
ぱたすもんきー
patas monkey
[学]Erythrocebus patas

哺乳(ほにゅう)綱霊長目オナガザル科の動物。1属1種で、オナガザル属Cercopithecusと近縁である。アフリカの西部から東部にかけてのサバンナ地帯に分布する。地上生活に適応し、高速の疾走に適した短い指と長い四肢をもち、すんなりとした体格をもつ。体長、尾長とも約70センチメートル。体毛は背側が赤褐色で、腹側は白い。食性は植物性食物を中心とする雑食で、昆虫やトカゲも食べる。1頭の雄を含む10~30頭の単雄群をつくり、50平方キロメートルもの大きな遊動域をもつ。群れの成員は、日中はまとまって行動するが、夜は広く分散して眠る。[川中健二]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

パタスモンキーの関連キーワード赤毛猿尾長猿尾巻猿狐猿台湾猿手長猿豚尾猿蟹食猿黒猿獅子尾猿

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

パタスモンキーの関連情報