コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

パッシェンの法則 パッシェンのほうそく Paschen's law

3件 の用語解説(パッシェンの法則の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

パッシェンの法則
パッシェンのほうそく
Paschen's law

火花放電の開始電圧 (火花電圧) に関する法則で L. C. H. F.パッシェンが実験的に見出した。火花電圧 Vは気圧 Pと火花ギャップの長さ dとの積によって決るというもので,その関係はたとえば図のようになる。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

法則の辞典の解説

パッシェンの法則【Paschen's law】

「放電開始電圧は,気体の温度が一定ならば電極間距離(l)とガス圧力(p)の積の関数である」という経験法則.通常の室温大気においては放電開始電圧は pl=0.6Torr.cmのところで極小値をとる.

出典|朝倉書店
Copyright (C) 2009 Asakura Publishing Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

パッシェンのほうそく【パッシェンの法則 Paschen’s law】

気体が絶縁破壊する電圧,すなわち火花電圧に関する法則。平等電界の場合次のように表現される。〈気体の火花電圧は気体の密度とギャップの長さの積で定まる〉。気体の密度は圧力に比例し絶対温度に反比例するので,温度一定の条件では火花電圧は圧力とギャップ長の積の関数として定まる。不平等電界では単にギャップの長さのみを変えると電界分布が変化するので次のように表現する。〈電極形状やギャップ長の大きさを一様にn倍し,気体密度を1/n倍しても火花電圧は変わらない〉。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

パッシェンの法則の関連キーワード絶縁破壊耐電圧火花放電絶縁破壊電圧故障電圧吸湿効果極性効果時間効果周辺効果火花電圧

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone