パトリシア ライトソン(英語表記)Patricia Wrightson

20世紀西洋人名事典の解説


1921 -
オーストラリアの児童文学作家。
1955年田舎の子供たちを描いた「ヘビクラブ」を発表する。’65年「惑星からきた少年」で、宇宙人の目を通して、現代社会をユーモラスに描く。代表作の一つ、’68年「ぼくはレース場の持主だ」では、知恵遅れの少年の目から見た現実を追求する。’73年「星に叫ぶ岩ナルガン」で、オーストラリアのファンタジーを確立する。成長、愛、死をテーマにしたハイ・ファンタジーの作品に、「覇者」「水の誘い」「風の勇士」など。

出典 日外アソシエーツ「20世紀西洋人名事典」(1995年刊)20世紀西洋人名事典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

ノーブレスオブリージュ

《「ノブレスオブリージュ」とも》身分の高い者はそれに応じて果たさねばならぬ社会的責任と義務があるという、欧米社会における基本的な道徳観。もとはフランスのことわざで「貴族たるもの、身分にふさわしい振る舞...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android