コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

パナーエフ Ivan Ivanovich Panaev

2件 の用語解説(パナーエフの意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

パナーエフ【Ivan Ivanovich Panaev】

1812‐62
ロシアの小説家。貴族の家に生まれ,役人生活のかたわら1830年代から小説を書きはじめ,のちに文筆に専念した。初期にはロマン主義の作風で上流社交界の生活を批判的に描いたが,40年代になってゴーゴリ流の〈自然派〉に変わり,都会の世態風俗を写実的に描く〈生理学的ルポルタージュ〉といわれる作品を次々と書き,中編《縁者たち》(1847)ではいわゆる〈余計者〉を主人公として扱った。また47年に詩人ネクラーソフとともに雑誌《現代人》の発行権を入手し,革命的民主主義者たちに誌面を提供した。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

パナーエフ
ぱなーえふ
Иван Иванович Панаев Ivan Ivanovich Panaev
(1812―1862)

ロシアの作家、ジャーナリスト。由緒ある貴族の家に生まれる。最初ロマン主義作家として登場するが、ベリンスキーの思想的影響を受けて「自然派」へ移行。貴族の空虚な生活を風刺的に描いた中編『酒客譫妄(しゅかくせんもう)』(1840)、よけい者が主人公の中編『親族たち』(1847)、女性解放問題を扱った長編『田舎(いなか)の獅子(しし)たち』(1852)は、ツルゲーネフらに影響を与えた。1847年に雑誌『現代人』の出版権を獲得、ネクラーソフと協同でこれを発行。文学サロンも主宰。晩年の『文学的回想』(1861)はロシア文学史研究に欠かせぬ貴重な資料である。[箕浦達二]
『井上満訳『文学的回想』全二冊(岩波文庫)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

パナーエフの関連キーワードアクサーコフアンドレーエフゴーゴリダルゴムイシスキーツルゲーネフピーセムスキーポレボイムソルグスキーラフマニノフロシアの恋人

今日のキーワード

災害派遣

天災地変その他の災害に際して,人命または財産の保護のために行なわれる自衛隊の派遣。災害出動ともいう。都道府県知事などの要請に基づいて,防衛大臣が派遣することを原則とするが,特に緊急を要する場合,要請を...

続きを読む

コトバンク for iPhone