コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

パパントラ Papantla

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

パパントラ
Papantla

正式名称はパパントラデオラルテ Papantla de Olarte。メキシコ中部,ベラクルス州中北部の都市。メキシコ市の東北東約 230km,メキシコ湾岸の海岸平野中の丘陵地帯にあり,標高約 300m。周辺の農業地帯はメキシコ最大のバニラ産地として知られ,ほかにトウモロコシ,豆類,タバコ,果樹などが栽培され,市はその集散地として発展。住民の大半はインディオで,古来の習俗を保っている。西郊にはトルテカ族の聖地であったエルタヒンの遺跡がある。人口 15万 8160 (1990推計) 。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

パパントラ(Papantla)

メキシコ、ベラクルス州の都市。世界遺産(文化遺産)に登録されたエル‐タヒン遺跡の観光拠点として知られる。現在もトトナカ族の文化や習慣が残されている。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

世界大百科事典内のパパントラの言及

【トトナコ】より

…南部を除き,その後トトナコの居住地域はほとんど変化していない。低地のパパントラの町は,ボラドールと呼ばれる宗教儀礼で名高い。【落合 一泰】。…

※「パパントラ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

パパントラの関連キーワードタンピコ