コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

パラチノース パラチノースpalatinose

3件 の用語解説(パラチノースの意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

パラチノース(palatinose)

甘味料の一種。砂糖を原料に酵素を作用させて作る。砂糖の42パーセントの甘味で、菓子製造原料に用いる。この甘味料が発明されたドイツの地名プファルツ(Pfalz)の英語名Palatinateにちなむ。

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

栄養・生化学辞典の解説

パラチノース

 C12H22O11 (mw342.30).

 イソマルチュロース異性化ショ糖ともいう.ショ糖を微生物の酵素で処理してα1→2結合をα1→6結合にしたもの.還元性がある.グルコースフルクトースに分解して吸収されるが,吸収速度が遅く,血糖上昇が小さい.非う触性の甘味料として使われる.

出典|朝倉書店
栄養・生化学辞典について | 情報

大辞林 第三版の解説

パラチノース【palatinose】

二糖類の一。スクロース(ショ糖)と同様、グルコース(ブドウ糖)とフルクトース(果糖)が脱水縮合したものだが、結合の様式が異なる。化学式 C12H22O11 腸で加水分解され、吸収される。虫歯になりにくく、甘味料として利用。

出典|三省堂
大辞林 第三版について | 情報

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone

パラチノースの関連情報