コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

パラチノース palatinose

デジタル大辞泉の解説

パラチノース(palatinose)

甘味料の一種。砂糖を原料に酵素を作用させて作る。砂糖の42パーセントの甘味で、菓子製造原料に用いる。この甘味料が発明されたドイツの地名プファルツ(Pfalz)の英語名Palatinateにちなむ。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

パラチノース【palatinose】

二糖類の一。スクロース(ショ糖)と同様、グルコース(ブドウ糖)とフルクトース(果糖)が脱水縮合したものだが、結合の様式が異なる。化学式 C12H22O11 腸で加水分解され、吸収される。虫歯になりにくく、甘味料として利用。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

パラチノースの関連キーワード血圧が高めの人に適する食品(具体的な商品名)スクロースブドウ糖三井製糖

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android