コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

パラチノース パラチノース palatinose

3件 の用語解説(パラチノースの意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

パラチノース(palatinose)

甘味料の一種。砂糖を原料に酵素を作用させて作る。砂糖の42パーセントの甘味で、菓子製造原料に用いる。この甘味料が発明されたドイツの地名プファルツ(Pfalz)の英語名Palatinateにちなむ。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

栄養・生化学辞典の解説

パラチノース

 C12H22O11 (mw342.30).

 イソマルチュロース異性化ショ糖ともいう.ショ糖を微生物の酵素で処理してα1→2結合をα1→6結合にしたもの.還元性がある.グルコースフルクトースに分解して吸収されるが,吸収速度が遅く,血糖上昇が小さい.非う触性の甘味料として使われる.

出典|朝倉書店
Copyright (C) 2009 Asakura Publishing Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版の解説

パラチノース【palatinose】

二糖類の一。スクロース(ショ糖)と同様、グルコース(ブドウ糖)とフルクトース(果糖)が脱水縮合したものだが、結合の様式が異なる。化学式 C12H22O11 腸で加水分解され、吸収される。虫歯になりにくく、甘味料として利用。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

パラチノースの関連キーワードゲンチオビオースショ糖セロビオーストレハロースマルトースラクトースアロラクトースイソマルトースメリビオースラクチュロース

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

パラチノースの関連情報