二糖

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

二糖
にとう
disaccharide

2分子の単糖がグリコシド結合した糖質の総称。オリゴ糖(少糖)の一種。ビオースbioseともいう(bi-は2個の意味を表す接頭語である)。グリコシド結合とは、単糖のアノマー性ヒドロキシ基-OH(単糖が環状構造を形成するときにできたヒドロキシ基)の水素が他の化合物と置換してできる結合のことである。アノマー性ヒドロキシ基は潜在的に還元作用をもっているので、二糖を形成するときにアノマー性ヒドロキシ基どうしが結合してできた二糖は非還元性である。しかし一方の糖のアノマー性ヒドロキシ基と他方のアノマー性以外のヒドロキシ基が結合してできた二糖は還元性を示す。植物界に多くの種類の二糖が遊離の状態あるいは配糖体(非糖物質に糖がグリコシド結合したもの)として広く分布している。還元性二糖(マルトース、ラクトースなど)はフェーリング液(還元糖の検出と定量に使用する試薬)を還元し、ヒドラジン誘導体と反応してヒドラゾンやオサゾンを生じ、水溶液は変旋光を示す。非還元性二糖(サッカローストレハロースなど)は変旋光(旋光性が変化する現象)を示さない。同一単糖からなる二糖をホモ二糖(キシロビオース、トレハロース、マルトースなど)、異種単糖からなる二糖をヘテロ二糖(ラクトース、サッカロースなど)という。また、ウロン酸やアミノ糖を含む二糖もある。[徳久幸子]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

今日のキーワード

バンクシー

英ロンドンを中心に活動する覆面アーティスト。世界各地の街に現れて建物の壁などに社会風刺的なグラフィティアートを描くなど、ゲリラ的なアート活動を行っている。2005年に自身の作品を世界各国の有名美術館に...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

二糖の関連情報