コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

パンゼラ パンゼラ Panzéra, Charles (Auguste Louis)

3件 の用語解説(パンゼラの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

パンゼラ
パンゼラ
Panzéra, Charles (Auguste Louis)

[生]1896.2.16. イェール
[没]1976.6.6. パリ
スイス生れのバリトン歌手。パリ音楽院を卒業後,1919年オペラ・コミック劇場でデビュードビュッシーフォーレによって,その高い芸術性を評価された。一時ニューヨークジュリアード音楽院で教鞭をとっていたが,51年パリ音楽院の教授に就任。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

パンゼラ【Charles Panzéra】

1896‐1976
スイス出身のフランスのバリトン歌手。第1次世界大戦でフランス軍に志願し,同国に移住。パリ音楽院に学び,1919年オペラコミック劇場における《ウェルテル》のアルベール役でデビュー。しかし,《ペレアスとメリザンド》のゴロー役など例外はあるにせよ,彼の本領が発揮されたのはむしろ歌曲においてであり,とくにフォーレ,ドビュッシー,デュパルクらのフランス歌曲の優れた解釈者として,フランスはもとより国際的に高い評価を得,夫人で名伴奏者のバイヨMagdeleine Baillotとともに世界各地で演奏会を催し,賛辞を受けた。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

パンゼラ
ぱんぜら
Charles Panzra
(1896―1976)

フランスのバリトン歌手。ジュネーブ生まれ。パリ音楽院に学び、1919年にデビュー。当初『ウェルテル』『ペレアスとメリザンド』などフランス・オペラで成功したが、のちにフォーレをはじめとするフランス歌曲解釈の第一人者とされるようになり、甘く柔らかな声質、艶(つや)と張りのある美声による表現は多くの人を魅了した。晩年は母校の教授として多くの声楽家を育成した。[美山良夫]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

パンゼラの関連キーワードスーゼバリトンサキソホンバリトンサックス849ボールペン スイスフラッグ恋のうぐいすフロスティ ボールペン スイスフラッグライモンダバンボレオ照井栄三ペキネ

今日のキーワード

日本政策投資銀行

1999年に日本開発銀行と北海道東北開発公庫を統合し、発足した政府系総合政策金融機関。一般の金融機関が行なう金融などを補完・奨励し、長期資金の供給などを行ない、日本の経済社会政策に金融上で寄与していく...

続きを読む

コトバンク for iPhone