パントテン酸カルシウム(読み)パントテンさんカルシウム(英語表記)calcium pantothenate

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

パントテン酸カルシウム
パントテンさんカルシウム
calcium pantothenate

水溶性ビタミンで,補酵素の構成成分である。生体内に取込まれると組織細胞中でコエンザイムA (CoA) に生合成される。動物実験では,欠乏の際に成長停止,毛髪,神経,消化管,副腎などの障害が認められる。腸内細菌により生成されるので,抗生物質投与により腸内細菌が死滅したような場合に欠乏症をきたす可能性がある。臨床的には成育期,妊娠時,病後回復期などに投与され,また,放射線療法,抗腫瘍剤,ストレプトマイシンなどの副作用防止に用いられる。副作用としては,1日 10~20gを内服で連続投与すると下痢,顔面浮腫などの症状を示すが,投薬を中止すれば消失する。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉プラスの解説

パントテン酸カルシウム

ビタミンB5。パントテン酸誘導体にカルシウムを付加したもの。薬剤ではアレルギー用薬、点眼薬などに含有。

出典 小学館デジタル大辞泉プラスについて 情報

今日のキーワード

適応障害

心理社会的なストレスがはっきりと認められ、情緒面や行動面に問題が生じるもの。職場の人間関係、夫婦間の葛藤を始め、親の離婚、子供の自立、失恋、身体疾患など、一過性のものから持続的なものまで、ストレス因子...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android