コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

パークセー パークセーPakxé

2件 の用語解説(パークセーの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

パークセー
パークセー
Pakxé

ラオス南部の都市。首都ビエンチャンの南東約 500km,メコン川左岸の河港都市で,ドン川の合流点に位置する。同国南部の主要都市の一つであり,商業中心地としてメコン川沿いの沖積平野に産する米のほか,東に広がるボロベン高原からのチーク材,茶,パンヤカルダモンなどを集散する。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

パークセー(Pakxe)

ラオス南部の都市。チャンパーサック県の県庁所在地。メコン川とセードン川の合流点に位置する。河川交通の要地であり、首都ビエンチャン、タイのウボンラーチャタニーカンボジアクラチェ幹線道路結ばれる。チャンパーサック歴史博物館、仏教寺院ワットプラがある。パクセー

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone