コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

パークセー Pakxé

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

パークセー
Pakxé

ラオス南部の都市。首都ビエンチャンの南東約 500km,メコン川左岸の河港都市で,ドン川の合流点に位置する。同国南部の主要都市の一つであり,商業中心地としてメコン川沿いの沖積平野に産する米のほか,東に広がるボロベン高原からのチーク材,茶,パンヤカルダモンなどを集散する。製材,煉瓦,タイルなどの工場も立地する。南のカンボジア,西のタイからの道路が交差する交通の要地で,首都との間には空路が開かれている。人口4万 7323 (1985) 。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

パークセー(Pakxe)

ラオス南部の都市。チャンパーサック県の県庁所在地。メコン川とセードン川の合流点に位置する。河川交通の要地であり、首都ビエンチャン、タイのウボンラーチャタニー、カンボジアのクラチェと幹線道路で結ばれる。チャンパーサック歴史博物館、仏教寺院ワットプラがある。パクセー

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

パークセーの関連キーワードサバンナケートパークソンコーン滝アトプーラオス

今日のキーワード

あおり運転

危険運転の一種で、前方を走行する車両に対する嫌がらせ行為。車間距離を極端に詰めて道を譲るように強要する、猛スピードで追い回す、ハイビームやパッシング、並走しての幅寄せなどで威嚇する、といった行為が該当...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android