コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ヒエロン2世 ヒエロンにせいHierōn II

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ヒエロン2世
ヒエロンにせい
Hierōn II

[生]前306?
[没]前216/前215
古代シチリア,シラクサ (シラクーザ ) の王 (在位前 270頃~216/5) 。エピルス王ピュロスの侵入に対抗,さらに前王アガトクレスの雇ったカンパニアの傭兵隊マメルティニを撃退,シラクサを守った功績により王に推された。前 264年メッシナ進出をはかりカルタゴと組んでローマと戦ったが敗退。前 263年ローマと和し,条約によってシチリアの南東部の支配を認められ,その死までローマに忠誠を保った。すぐれた船団を擁しポエニ戦争でローマを援助。また有名な数学者アルキメデスを用い,シラクサ防衛の道具を発明させた。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

ヒエロン2世の関連キーワードクライエント・キングスアルキメデスの原理ネアポリ考古学公園テオクリトスマメルチニアクライ僭主

今日のキーワード

異常天候早期警戒情報

5日から 8日先を最初の日とする 7日間の平均気温がかなり高い,またはかなり低い確率が 30%以上と見込まれる場合に注意を呼びかけるため気象庁から発表される情報。低温や猛暑が長く続くと,人の活動や農作...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android