コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ヒカド ヒカド

日本の郷土料理がわかる辞典の解説

ヒカド


長崎の郷土料理で煮物の一種。まぐろやぶりなどの魚の身と、鶏肉や豚肉、大根・にんじんなどの野菜を、さいの目に切って煮込み、すりおろしたさつまいもを加えてとろみをつけ、しょうゆ・塩などで調味したもの。◇江戸期に長崎に渡来した南蛮料理。「細かく刻む」という意味のポルトガル語「picado」が変化したもの。

出典 講談社日本の郷土料理がわかる辞典について 情報

デジタル大辞泉プラスの解説

ヒカド

長崎県の郷土料理。野菜やブリなどの魚をさいの目に切ったものを煮込んで醤油で味をつけ、さつまいもをおろした汁でとろみをつけたもの。名称は「肉などを細かく切る」ことを意味するポルトガル語に由来。

出典 小学館デジタル大辞泉プラスについて 情報

今日のキーワード

歌舞伎町ブックセンター

東京都新宿区歌舞伎町にある、ホストやホステスが書店員として接客する書店。歌舞伎町でホストクラブを運営するスマッパグループの事務所1階にあるイベント・カフェスペース「jimushono1kai」に併設さ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android