コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ヒゲカビ(鬚黴) ヒゲカビPhycomyces nitens

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ヒゲカビ(鬚黴)
ヒゲカビ
Phycomyces nitens

藻菌類接合菌類ケカビ目ケカビ科の糸状菌。草食動物の糞などに最もよく発生する。日本での記録としては,放置した赤飯,卯の花 (豆腐のしぼりかす) などに生えたこともある。冷温を好み,夏期には生育しにくい。基質上の菌糸から太くて長い (径 50~150μm,10~30cm) 菌糸が立上がって胞子嚢柄となる。その頂端に径 0.3~1mmの球形の嚢をつけ,中に無数の黒色,腎臓形ないし楕円形の胞子を生じる。胞子嚢柄は青みを帯びた灰色で光沢がある。ちょうど老人の長い白鬚のようなのでこの名がつけられた。雌雄異体であるが,両性の菌糸が基質上に伸長して両者が遭遇するとそれぞれの菌糸から小枝を生じ,その先に配偶子嚢をつけ,それが直接に接合して接合子を形成する。このカビはビタミンBを好むことで有名である。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

今日のキーワード

俳句甲子園

1998年から松山市で開かれる全国高等学校俳句選手権大会。高校生が5人1組で句の優劣をディベートで競い合う。チームでの勝敗とは別に、個人の最優秀句も選ぶ。今年は過去最多の41都道府県から121校、15...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android