コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ヒダルゴ Hidalgo

翻訳|Hidalgo

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ヒダルゴ
Hidalgo

小惑星の一つ。 1920年に W.バーデが発見。軌道の確定した小惑星に与えられる登録番号 944。その軌道は離心率 0.657の楕円で,近日点は火星軌道近くに,遠日点は土星軌道付近にあり,小惑星中最大,したがって公転周期は 13.95年と小惑星中最長である。木星に非常に接近する場合があり,小惑星中最大の軌道傾斜角 42.5°はその影響である可能性がある。のときの平均実視等級は 18.0等,その明るさから直径は約 24~48kmと推定される。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ヒダルゴ【Hidalgo】

1920年にW.バーデにより発見された944番の小惑星。軌道半長径が5.82天文単位と木星よりも大きい値をもっている。離心率も大きいので遠日点距離は9.6天文単位とほぼ土星の軌道半径に等しくなる。ひところは軌道半長径および離心率の0.66,軌道傾斜の42.5度ともに小惑星中最大であったが,現在では第1位を軌道半長径は2060番キロンの13.69天文単位,離心率は1566番イカルスの0.827,軌道傾斜は2102番タンタラスの64.0度に譲った。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

世界大百科事典内のヒダルゴの言及

【特異小惑星】より

…(1)小惑星番号1番ケレスから4番ベスタまでのように,比較的大きな直径をもち,したがって明るく観測され,形状は一般の惑星と類似の球形をしていて,小惑星が誕生したときのままの形態を保っていると考えられるもの。(2)944番ヒダルゴ,2060番キロンのように,軌道半長径および離心率が大きい値をもっていて,遠日点が木星の軌道の外側にあるすい星と類似した軌道上を運行しているもの。(3)1862番アポロ,1566番イカルスのように軌道半長径が小さく,しかも離心率が大きい値をとっているため,近日点が地球の軌道を越えて太陽に近づくような軌道上を運行しているもの。…

※「ヒダルゴ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

ヒダルゴの関連キーワード特異小惑星ビーバー石

今日のキーワード

跋扈

[名](スル)《「後漢書」崔駰伝から。「跋」は越える意、「扈」は竹やな》魚がかごを越えて跳ねること。転じて、ほしいままに振る舞うこと。また、のさばり、はびこること。「軍閥の跋扈」「悪辣な商売が跋扈する...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

ヒダルゴの関連情報