コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ヒトエグモ ヒトエグモ Plator nipponicus

2件 の用語解説(ヒトエグモの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ヒトエグモ
ヒトエグモ
Plator nipponicus

クモ綱クモ目ヒトエグモ科。体長 8mm。体は著しく扁平で,厚さ 1mm程度。歩脚,頭胸部は黄褐色,腹部は灰色で,黒褐色の毛でおおわれている。歩脚は長い。狭いすきまを好み,石垣の間,古い樹皮の下,家屋の壁の間などに身をひそめている。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ヒトエグモ
ひとえぐも / 単衣蜘蛛
[学]Plator nipponicus

節足動物門クモ形綱真正クモ目ヒトエグモ科に属するクモ。クモ類中で体がもっとも扁平(へんぺい)で、体長7、8ミリに対して厚さは1ミリぐらい。アワセグモより薄いのでヒトエグモという。まったく押しつぶされたようにみえる。頭胸部は赤みを帯びた黄褐色、腹部は灰色で丸い。狭いすきまを好み、柱と敷居の間などに潜む。分布はあまり広くなく、近畿地方(とくに大阪地方)でよくみられる。朝鮮半島にもいるが、中国大陸のものは別種である。生態や生活史は十分わかっていない。分類学的に重要なクモである。[八木沼健夫]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ヒトエグモの関連キーワード草蜘蛛子守蜘蛛笹蜘蛛戸閉蜘蛛水蜘蛛鶏蜱居候蜘蛛棘蜘蛛葉蜘蛛ヒトエグサ

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone