ヒトジラミ

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ヒトジラミ
ひとじらみ / 人虱
human-louse (lice)
[学]Pediculus humanus

昆虫綱シラミ目ヒトジラミ科に属する昆虫。この種にはヒトの頭髪につくアタマジラミP. h. humanusと、体と触れる衣服につくコロモジラミP. h. corporisという二つの亜種(または生理的品種)が知られる。このすみ分けは顕著で、互いに領分を侵さない。アタマジラミは雄2.3ミリ、雌3.3ミリ、コロモジラミのほうはこれよりやや大きい。成虫は吸血すると2、3日で産卵し、卵は6、7日で孵化(ふか)、幼虫は3回脱皮して約10日で成虫となる。人から人へ伝播(でんぱ)し、とくに不潔な人に発生しやすい。発疹(はっしん)チフス、回帰熱(再帰熱)、五日熱(塹壕(ざんごう)熱)などの伝染病を媒介する。ヒトジラミ科Pediculidaeには、ほかに陰毛につくケジラミPthirus pubisがある。駆除には、いずれもDDTが特効薬であったが、近年抵抗性を生じ、薬剤の改変を余儀なくさせられている。[山崎柄根]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内のヒトジラミの言及

【シラミ(虱∥蝨)】より

…触角は5節からなるが,まれには3節のものもある。眼はヒトジラミなどを除き欠如し,あるとしても1対の単純なレンズか受光斑となる。胸部の3節はつねに癒合し,翅はない。…

※「ヒトジラミ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

ABM

弾道ミサイル迎撃ミサイル。大陸間弾道ミサイルICBMや潜水艦発射弾道ミサイルSLBMを早期に発見・識別し,これを撃破するミサイル。大気圏外で迎撃するものと,おとりなどの識別が可能となる大気圏内で迎撃す...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android