ヒメツバメウオ(英語表記)Monodactylus argenteus

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ヒメツバメウオ
Monodactylus argenteus

スズキ目ヒメツバメウオ科の魚。全長 25cm内外。体高は高く,体は著しく側扁する。背鰭,尻鰭の基底部は長く,両鰭の前方の鰭条は長く伸びているため,体形の側面は菱形となる。眼は大きい。体は銀白色で,眼および胸鰭基底部を横切る2本の黒い横縞が走る。背鰭,尻鰭は黄橙色を帯びた白色,尾鰭は黄白色。本来は浅海砂泥底生性であるが,幼魚期には汽水または淡水域に入る。宮古島以南,インド洋,紅海に分布する。熱帯魚として観賞される。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ヒメツバメウオ
ひめつばめうお / 姫燕魚
silver batfish
[学]Monodactylus argenteus

硬骨魚綱スズキ目ヒメツバメウオ科に属する海水魚。体は円形で背びれと臀(しり)びれは大きく、腹びれは退化的で小さい。全長25センチメートルに達する。体は銀白色でひれは黄色。八重山列島以南の太平洋とインド洋の沿岸に分布。親は砂泥質の浅海に多いが、幼魚は汽水から淡水域で成長する。縦長の体形や体色とともに、幼魚は淡水で飼えるので古来から観賞魚として知られている。ツバメウオやツノダシなどとともにチョウチョウウオ亜目に属し、ほかの多くの種が沿岸で生息するが、本種は淡水域でも生活可能な例外的存在である。[井田 齋]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

夏至

二十四節気の一つであるが,二至 (夏至,冬至) ,二分 (春分,秋分) の四季の中央におかれた中気。夏至は太陰太陽暦の5月中 (5月の後半) のことで,太陽の黄経が 90°に達した日 (太陽暦の6月 ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android