コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ヒラツメガニ Ovalipes punctatus

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ヒラツメガニ
Ovalipes punctatus

軟甲綱十脚目ワタリガニ科。甲幅 10~12cmの食用ガニで,夏から秋にかけて漁獲される。甲の輪郭が丸いことからマルあるいはキンチャクガニと呼ばれることが多いが,胃域と心域を分ける溝が H字形であることからエッチガニなどの名もある。甲面は平らで,濃い紫色の斑点で密に覆われる。甲の前側縁は前方を向く三角形の 5歯からなる。鋏脚は強大で,掌部の下縁には 20本内外の顆粒列からなる発音器官がある。東京湾から九州,朝鮮半島,中国北部,台湾までの浅海に分布する。(→甲殻類十脚類節足動物軟甲類

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

ヒラツメガニの関連キーワード甲類