コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ヒラマメ lentil

翻訳|lentil

世界大百科事典 第2版の解説

ヒラマメ【lentil】

種子を食用にするため栽培されるマメ科一年草。高さ20~80cmになる比較的小型の植物で,全体に柔らかい毛がはえる。狭楕円形の10枚ほどの小葉が偶数羽状複葉をなし,頂小葉は通常短い巻きひげになる。腋生(えきせい)する花序に1~4個の花をつける。花は白,赤あるいは青紫色で,豆果は小さく長さ1.5~2cmほど,中に扁平円形で凸レンズ状の2個の種子(豆)がはいっている。この形からレンズマメともいう。若莢(さや)は野菜に,豆はもっぱら製粉されスープなどにして食用にされる。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ヒラマメ
ひらまめ / 扁豆・兵豆
[学]Lens esculenta Moench

マメ科の一、二年草。豆を食用や飼料とするために栽培される。茎は細く、立ち上がり、多くの枝を出す。草丈は50センチメートルほど。葉は4~7対の小葉が対生する羽状複葉で、葉先はつる状になる。葉腋(ようえき)から長い花柄を出し、2~4個の花を開く。自家受精し、花期後、莢(さや)は長さ1~3センチメートルに伸び、中には凸レンズ状の平たい種子が1~2個ある。このため別名をヘントウ、レンズマメともいう。大粒種と小粒種とがあり、大粒種は種子の直径6~9ミリメートル、花は白色、まれに青色で、地中海沿岸やアフリカ、小アジアに分布する。小粒種は種子の直径3~6ミリメートルで花は紫青色や白色、また淡紅色のものもあり、西南アジアから西アジアに分布する。原産地は西アジア。現在ではおもにインドやトルコ、シリアなどで栽培される。豆をひき割りや製粉し、スープにしたり、穀物の粉と混ぜて焼いて食べる。また炒(い)ってコーヒーの代用とする。全草は上質な飼料ともなる。若い葉や莢をインドでは野菜とする。[星川清親]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内のヒラマメの言及

【レンズ】より

…前者には光を集める性質,後者には発散させる性質がある。
【歴史】
 レンズの語源は人類最古の栽培植物の一つであるヒラマメ(レンズマメともいう。ラテン名lens)に由来する。…

※「ヒラマメ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

ヒラマメの関連キーワード漢方的にみた病気と食べものの関係その他の豆類ヘントウ

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android