コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ヒルギダマシ Avicennia marina (Forsk.) Vierh.

世界大百科事典 第2版の解説

ヒルギダマシ【Avicennia marina (Forsk.) Vierh.】

海岸のマングローブ林内に生えるクマツヅラ科の常緑小高木(イラスト)。根は泥土の中を水平に走って,多数の呼吸根を垂直に地表に出す。若枝は鱗片状の毛があって灰白色。葉は対生し,倒卵状長楕円形で,長さ4~8cm,全縁で先が円く,革質で表は光沢があり,裏には鱗片状の毛が密生して灰白色。枝先に小型の頭状花序を集散状につけ,小さな黄花をつける。萼は長さ約3mm,5深裂し,裂片は鋭頭で縁に毛がある。花冠は径約5mm,平開して基部には短い筒がある。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ヒルギダマシ
ひるぎだまし / 蛭木騙
[学]Avicennia marina (Forsk.) Vierh.

クマツヅラ科の常緑低木。マングローブ(紅樹林(こうじゅりん))の構成種の一つで、海岸や河岸の泥湿地に生え、林の海側前縁を占める。本種の著しい特徴は、奇観を呈する直立呼吸根にある。砂泥中を長く横走する側根は四方に広がり、そこから多数の鉛筆大の直立呼吸根を地上に出す。呼吸根の地上の高さは約10センチメートル。幹は灰白色でほとんど直立せず、多くの分枝を横に伸ばし、刈り込まれたような樹形となる。葉は革質で対生し、倒卵状長楕円(ちょうだえん)形または卵状長楕円形で長さ4~8センチメートル、全縁で裏面は白毛を密生する。花冠は白色で径2~4ミリメートル。果実は卵円形で長さ約2センチメートル、灰白色の毛を密生する。名は、全体がヒルギに似ることによる。熱帯アジア、オーストラリア、東アフリカに分布し、北限は宮古島である。[島袋敬一]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

ヒルギダマシの関連キーワード気根

今日のキーワード

異常天候早期警戒情報

5日から 8日先を最初の日とする 7日間の平均気温がかなり高い,またはかなり低い確率が 30%以上と見込まれる場合に注意を呼びかけるため気象庁から発表される情報。低温や猛暑が長く続くと,人の活動や農作...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android