コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ヒル反応 ヒルはんのうHill reaction

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ヒル反応
ヒルはんのう
Hill reaction

葉緑体での光合成の部分反応であって,
で表現されるもの。すなわち明反応のうちアデノシン三リン酸生成を考慮外においた部分に相当し,光照射によって葉緑体から炭素固定を伴わずに酸素ガスが発生するもの。天然の反応ではAは補酵素 ( NADP ) に相当するが,植物生理学者 R.ヒルは,人工的なAとして,酸化剤であるシュウ酸第二鉄を葉緑体に与えることにより,酸素発生を観察した (1939) ので,この名を得た。Aにあたる物質をヒル試薬と称し,多くの酸化剤がこの役を果しうる。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

大辞林 第三版の解説

ヒルはんのう【ヒル反応】

葉緑体の光合成において、光エネルギーを用いた酸化還元反応によって、酸素が発生する反応。1939年生化学者ヒルによって発見された。 → 明反応光合成

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

今日のキーワード

存亡の機

引き続き存在するかここで滅びてしまうかという非常に重大な時。存亡の秋(とき)。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android