コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

明反応 めいはんのうlight reaction

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

明反応
めいはんのう
light reaction

光合成の反応系のうち,光化学反応系およびこれと直接に関連する反応に属する部分。すなわち光による色素の励起と,励起色素による水または他の水素供与体の分解と,こうして生じた還元力によるリン酸化 (光リン酸化) の総称。明反応は葉緑体のラメラ部分で行われる。明反応で生じた還元型補酵素 NADPH2アデノシン三リン酸は,暗反応を推進する駆動力となる。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

栄養・生化学辞典の解説

明反応

 暗反応の対語で,光合成反応のうち光に直接依存して起こる初期反応.

出典 朝倉書店栄養・生化学辞典について 情報

大辞林 第三版の解説

めいはんのう【明反応】

光化学反応で光のエネルギーで励起された物質が行う反応。
光合成で光が直接関係する反応部分。葉緑体で光エネルギーを利用して ATP を合成し、また水を分解して酸素を放出、水素化合物を生産する反応。 → 暗反応葉緑体

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

明反応の関連キーワード光合成(こうごうせい)カルビン=ベンソン回路光合成阻害型除草剤アデノシン三燐酸ロバート ヒルフェレドキシンエマーソン効果グラモキソン炭酸同化作用カルビン回路チラコイド光化学系炭酸同化ヒル反応グラナりん

今日のキーワード

ムガベ大統領

1924年、英植民地の南ローデシア(現ジンバブエ)生まれ。解放闘争に参加し、80年にジンバブエを独立に導いた。同年から首相、87年から大統領として実権を握り続けた。2000年以降は白人農場主の農園を強...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android