明反応(読み)めいはんのう(英語表記)light reaction

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

明反応
めいはんのう
light reaction

光合成の反応系のうち,光化学反応系およびこれと直接に関連する反応に属する部分。すなわち光による色素の励起と,励起色素による水または他の水素供与体の分解と,こうして生じた還元力によるリン酸化 (光リン酸化) の総称。明反応は葉緑体のラメラ部分で行われる。明反応で生じた還元型補酵素 NADPH2アデノシン三リン酸は,暗反応を推進する駆動力となる。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

大辞林 第三版の解説

めいはんのう【明反応】

光化学反応で光のエネルギーで励起された物質が行う反応。
光合成で光が直接関係する反応部分。葉緑体で光エネルギーを利用して ATP を合成し、また水を分解して酸素を放出、水素化合物を生産する反応。 → 暗反応葉緑体

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

今日のキーワード

配偶者

夫婦の一方からみた他方。配偶者としての身分は、婚姻によって取得し、婚姻の解消によって失う。親族ではあるが、親等はない。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android