コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ビエンチャン王国 ビエンチャンおうこく

1件 の用語解説(ビエンチャン王国の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

ビエンチャンおうこく【ビエンチャン王国】

ラオスのランサン王国が1707年に分裂して以降,ビエンチャンVientianeを都とした王国をさす。ランサン王国は14世紀半ばに北部のルアンプラバンを都に誕生したが,16世紀半ばのセーターティラート王の時,ビルマ軍の侵入から難を避けるため都を南のビエンチャンへ移した。ビエンチャンにはラオスの建築美を誇る仏塔タートルアンや王宮が建立され,タイのチエンマイから招来したエメラルド仏像ワット・プラケオに安置された。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

ビエンチャン王国の関連キーワードガランサス球菌ラオスローランサンラオ蘇格蘭アギオスニコラオス修道院カスティーリャ始原細胞ルアン-パバンの町

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone