コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ビエンヌ川 ビエンヌがわVienne

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ビエンヌ川
ビエンヌがわ
Vienne

フランス中西部の川。全長 350km。ロアール川の支流で,ミルバッシュ高原に源を発してリモージュ盆地に入り,ビエンヌ,アンドルエロアール両県を潤したのち,シノンの下流でロアール川に合流する。上流部では水力発電が盛んで,中流域のリムーザン地方は農牧地帯。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ビエンヌ川
びえんぬがわ
la Vienne

フランス中西部の川で、ロアール川の支流。全長350キロメートル、流域面積約2万平方キロメートル。リムーザン山地に発して西流し、リモージュを経て流路を北に転じ、ポアトゥーの丘陵地帯を貫流する。南東からのクルーズ川との合流点付近からトゥレーヌ地方を北西流し、シノンの下流でロアール川に入る。クルーズ川との合流点付近に水力発電所がある。[高橋 正]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

ビエンヌ川の関連キーワードトゥレーヌ(フランス)フォントブローラベイアンドルエロアール県オートビエンヌ県トゥーレーヌシャテルローポアティエシノン城アン川高橋

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android