ビクトル・ラウル アヤ・デ・ラ・トーレ(英語表記)Víctor Raúl Haya de la Torre

20世紀西洋人名事典の解説


1895.2.22 - 1979.8.2
ペルーの政治家,思想家。
元,アプラ党党首。
トルヒーリョ出身。
サン・マルコス大学に在学中、同大学生連合委員長として活躍。1921年学生運動により追放され、’23年亡命。’24年メキシコで労働者と知識人の反帝統一戦線組織のアプラ党を結成。’31年ペルーに帰国し、ペルー・アプラ党を結成するが受け入れられず、地下生活、入獄を繰り返す。大統領選にも数回出馬するがアプラ党政権の出馬を軍部らに阻止され落選。又、政治活動の傍ら、革命理論や政治思想に関する多数の著作を書き、ラテンアメリカの革命運動に大きな影響を与えた。著書「反帝国主義とアプラ」(’36年)、「空・時・歴史」(’48年)。

出典 日外アソシエーツ「20世紀西洋人名事典」(1995年刊)20世紀西洋人名事典について 情報

367日誕生日大事典の解説

生年月日:1895年2月22日
ペルーの政治理論家,政治家
1979年没

出典 日外アソシエーツ「367日誕生日大事典」367日誕生日大事典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

ノーブレスオブリージュ

《「ノブレスオブリージュ」とも》身分の高い者はそれに応じて果たさねばならぬ社会的責任と義務があるという、欧米社会における基本的な道徳観。もとはフランスのことわざで「貴族たるもの、身分にふさわしい振る舞...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android