ビザなし渡航(読み)びざなしとこう

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ビザなし渡航
びざなしとこう

事前にビザ(査証、Visa)を取得・用意せずに外国へ入国すること。一般に、海外へ渡航するには、渡航者の安全や渡航先での治安を維持・確保するため、出発国が発行したパスポート(旅券)と、渡航先が入国させても問題がないとのお墨付きを与えるビザの両方が必要である。しかし、出発国と渡航先との間で信頼・協調関係があり、渡航者がテロや犯罪などに関係するおそれがない場合に、ビザなし渡航が認められる。どの国・地域との間でビザなし渡航を認めるかは、国・地域ごとに出入国管理法や移民国籍法などの法制度が異なるため、まちまちである。おもに9か月以内の観光やビジネス目的の短期滞在に適用されることが多い。また相互協定によってビザなし渡航を相互に認める例もある。
 ビザなし渡航は、海外旅行者などを増やす経済効果があり、グローバル化の進展で増加傾向にある。ビザなし渡航のできる国・地域の数を比較するパスポート指数(イギリスのコンサルト会社ヘンリー&パートナーズ調べ)によると、2018年時点で、日本は190の国・地域へビザなし渡航ができ、その数については世界でもっとも多い。2位はシンガポール(189か国・地域)、3位はドイツ・フランス・韓国(188か国・地域)。北朝鮮からビザなし渡航できる国・地域は42にとどまり、最下位はアフガニスタンとイラクの30か国・地域である。逆に日本は、世界68か国・地域(2017年7月時点)からのビザなし渡航(入国)を認めている。アメリカには、90日以内の観光・商用目的の場合、ビザなし渡航を許可するビザ免除プログラム(Visa Waiver Program:VWP)制度がある。ヨーロッパでは、EU(ヨーロッパ連合)を中心に、ビザだけでなく、国境でのパスポートや税関の審査なしで自由に行き来できるシェンゲン協定がある。一方、2015年のパリ同時多発テロには、ビザなし渡航が適用されたベルギーの容疑者がかかわっており、国際テロや紛争の増加で、ビザなし渡航を停止する例もある。2015年にトルコ空軍機に自国戦闘機を撃墜されたロシア政府はトルコとのビザなし渡航を停止し、2017年にマレーシアで起きた金正男(キムジョンナム)(1971―2017)殺害事件後、マレーシア政府は北朝鮮とのビザなし渡航を停止した。
 なおビザなし渡航とは別に、北方領土への「ビザなし交流」という制度がある。日本政府は、ロシア政府が発行したビザによる日本国民の北方領土渡航を認めれば、北方領土がロシア領であることを認めたことになりかねないとして、北方領土への渡航を規制していた。しかし1991年(平成3)の日ソ首脳会談後、日本国民の北方領土への旅券・ビザなしでの渡航が認められるようになった。対象は、(1)元島民とその家族・遺族、(2)返還要求運動関係者、(3)報道関係者、(4)訪問の目的に資する活動を行う専門家、である。[矢野 武]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

今日のキーワード

プレッパー

非常事態に備え、食糧や自衛のための武器・弾薬などを過度に備蓄している人のこと。「備える(prepare)」から生まれた言葉で、2012年現在では米国に最も多く存在し全米で300~400万人にのぼるとみ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

ビザなし渡航の関連情報