コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ビジネス・キャリア検定試験

人材マネジメント用語集の解説

ビジネス・キャリア検定試験

・ホワイトカラーにおける職務遂行に必要な専門知識についての職業能力を評価する検定であり、中央職業能力開発協会により実施・運営されている。
・平成5年に労働省が創設した『ビジネス・キャリア制度』を平成19年8月にリニューアルしたもので、ホワイトカラーにおける職務の遂行に必要な専門的知識についての職業能力を評価する目的がある。
・制度創設の背景には、労働者に求められる職業能力が多様化および高度化していることや、労働者の転職が日常化していることにより、労働者の職業能力の向上意識が強くなったこと、自身の経験知識を客観的に証明できるものが求められていたことが挙げられる。
・一方企業においても、労働者人口の減少により、労働者の職業能力開発支援の取り組みを行うことや、従業員において求められる職業能力を適切に評価した上、採用や処遇等へ反映させ、運用させる必要性に迫られていたことが挙げられる。
・当該検定では、事務系職務に必要とされる遂行能力を8分野に分割し、かつ能力レベルを原則3段階に区分しており、段階的に能力が習得できるよう体系立てられている。
・当該検定における、職務遂行能力は以下の8分野である。
①人事・人材開発・労務管理
②経理・財務管理
③営業・マーケティング
④生産管理
⑤企業法務・総務
⑥ロジスティクス
⑦経営情報システム
⑧経営戦略
・当該検定における能力レベルをそれぞれ職位に例えると、以下のようになる。
①係長、リーダー等を目指す人、又は担当職務を的確に遂行できる人のレベル
②課長、マネージャー等を目指す人のレベル
③部門長、ディレクター等を目指す人のレベル

出典 (株)アクティブアンドカンパニー人材マネジメント用語集について 情報

関連語をあわせて調べる