ビタミンB(読み)ビタミンビー

デジタル大辞泉 「ビタミンB」の意味・読み・例文・類語

ビタミン‐ビー【ビタミンB】

ビタミンB複合体

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典 「ビタミンB」の意味・読み・例文・類語

ビタミン‐ビー【ビタミンB】

  1. 〘 名詞 〙 かつて神経炎成長不良に効くビタミンをさした語。のち、生理作用の異なる多く成分存在がわかり、ビタミンB複合体と呼ばれるようになった。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報 | 凡例

化学辞典 第2版 「ビタミンB」の解説

ビタミンB
ビタミンビー
vitamin B

ビタミンBは研究初期より抗神経炎と成長促進の作用が認められていたが,その後研究が進むに従って多くの混合物であることが明らかにされ,B1(チアミン),B2(リボフラビン),ニコチン酸,B6(ピリドキシン),パントテン酸葉酸,B12(シアノコバラミン),ビオチンなどが単離,構造決定され,それらの生理作用も明らかにされた.これらのビタミンB群をビタミンB複合体という.

出典 森北出版「化学辞典(第2版)」化学辞典 第2版について 情報

今日のキーワード

タコノキ

タコノキ科の常緑高木。小笠原諸島に特産する。幹は直立して太い枝をまばらに斜上し,下部には多数の太い気根がある。葉は幹の頂上に密生し,長さ1〜2m,幅約7cmで,先は細くとがり,縁には鋭い鋸歯(きょし)...

タコノキの用語解説を読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android