コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

神経炎 しんけいえんneuritis

翻訳|neuritis

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

神経炎
しんけいえん
neuritis

ニューロパシーともいう。脊髄神経や脳神経の末梢神経における炎症総称であるが,炎症というより変性であることが多い。運動神経,知覚神経のいずれにも起り,神経の1つだけが侵されたものを単発 (性) 神経炎,多くの神経が同時に侵されたものを多発 (性) 神経炎という。中毒,感染症,栄養障害,外傷,過労などによって起り,神経走路に沿う痛み,知覚障害,運動麻痺がみられる。治療法には,原因療法のほかビタミン B1 投与,電気療法,マッサージなどがある。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

百科事典マイペディアの解説

神経炎【しんけいえん】

末梢神経が障害され,運動や感覚の異常をきたす病気。一つの神経が冒された場合を単発性神経炎,多くの神経が同時に冒された場合を多発性神経炎といい,ほとんどが後者。原因は細菌毒(ハンセン病,梅毒,ジフテリア,腸チフス,インフルエンザ,敗血症等),化学中毒(アルコール,鉛,水銀,ヒ素等),代謝異常(糖尿病,尿毒症),膠原(こうげん)病,悪性腫瘍,栄養障害(脚気(かっけ),貧血等),外傷などさまざまで,神経の経路に沿って痛み,知覚異常,筋肉麻痺(まひ),知覚鈍麻などもみられる。
→関連項目神経麻痺知覚異常ビタミン欠乏症

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

しんけいえん【神経炎 neuritis】

狭義には神経の炎症であるが,実際上神経障害の原因は必ずしも明らかでないため,原因にかかわらず末梢神経障害neuropathyと同義に用いられることが多い。神経炎は,(1)単神経炎(単一の末梢神経の障害),(2)多発性単神経炎(2本以上の神経の障害),(3)多発神経炎(左右対称性で四肢末梢優位の症状を呈する,多数の神経のびまん性の障害)に分類される。症状は,障害神経の支配領域の運動障害(運動麻痺,運動失調,筋萎縮),感覚障害(表在・深部感覚低下,異常感覚),自律神経障害(皮膚粗造,発汗障害,潰瘍形成など)が単独あるいは種々の程度に組み合わされて認められる。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

大辞林 第三版の解説

しんけいえん【神経炎】

末梢神経系の炎症。ニューロパチー。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

世界大百科事典内の神経炎の言及

【神経痛】より

…たとえば,いわゆる坐骨神経痛は,腰椎椎間板ヘルニアなどによる神経根圧迫によることが多い。このようにはっきりとした器質的障害が原因の場合には,神経痛ではなく神経炎あるいはニューロパチーと呼ばれるのが普通である。この場合,前述の診断基準をすべて満足することはまれで,痛み以外に感覚異常,筋力低下,筋萎縮,栄養障害などの他覚的所見や病理学的変化が認められる。…

※「神経炎」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

神経炎の関連キーワードコルサコフ(Sergey Sergeevich Korsakov)エイクマン(Christiaan Eijkman)慢性炎症性脱髄性多発ニューロパチー慢性炎症性脱髄性多発根神経炎慢性炎症性脱髄性多発神経炎坐骨神経痛(座骨神経痛)ギラン=バレー症候群多発性ニューロパシー感染性多発性神経炎チアミン欠乏症候群ギランバレー症候群コルサコフ症候群結節性動脈周囲炎アミロイドーシスビタミンB複合体ニューロパシー流行性耳下腺炎上行性脊髄麻痺錯感性股神経痛ニューロパチー

今日のキーワード

異常天候早期警戒情報

5日から 8日先を最初の日とする 7日間の平均気温がかなり高い,またはかなり低い確率が 30%以上と見込まれる場合に注意を呼びかけるため気象庁から発表される情報。低温や猛暑が長く続くと,人の活動や農作...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

神経炎の関連情報