コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

神経炎 しんけいえんneuritis

翻訳|neuritis

5件 の用語解説(神経炎の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

神経炎
しんけいえん
neuritis

ニューロパシーともいう。脊髄神経脳神経末梢神経における炎症の総称であるが,炎症というより変性であることが多い。運動神経知覚神経のいずれにも起り,神経の1つだけが侵されたものを単発 (性) 神経炎,多くの神経が同時に侵されたものを多発 (性) 神経炎という。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

百科事典マイペディアの解説

神経炎【しんけいえん】

末梢神経が障害され,運動や感覚の異常をきたす病気。一つの神経が冒された場合を単発性神経炎,多くの神経が同時に冒された場合を多発性神経炎といい,ほとんどが後者。原因は細菌毒(ハンセン病,梅毒,ジフテリア腸チフスインフルエンザ敗血症等),化学中毒(アルコール,鉛,水銀,ヒ素等),代謝異常(糖尿病,尿毒症),膠原(こうげん)病,悪性腫瘍栄養障害(脚気(かっけ),貧血等),外傷などさまざまで,神経の経路に沿って痛み,知覚異常,筋肉麻痺(まひ),知覚鈍麻などもみられる。
→関連項目神経麻痺知覚異常ビタミン欠乏症

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
百科事典マイペディアについて | 情報

栄養・生化学辞典の解説

神経炎

 神経の炎症で,末梢神経障害の総称.諸種の原因が知られている.

出典|朝倉書店
栄養・生化学辞典について | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

しんけいえん【神経炎 neuritis】

狭義には神経の炎症であるが,実際上神経障害の原因は必ずしも明らかでないため,原因にかかわらず末梢神経障害neuropathyと同義に用いられることが多い。神経炎は,(1)単神経炎(単一の末梢神経の障害),(2)多発性単神経炎(2本以上の神経の障害),(3)多発神経炎(左右対称性で四肢末梢優位の症状を呈する,多数の神経のびまん性の障害)に分類される。症状は,障害神経の支配領域の運動障害(運動麻痺運動失調,筋萎縮),感覚障害(表在・深部感覚低下,異常感覚),自律神経障害(皮膚粗造,発汗障害,潰瘍形成など)が単独あるいは種々の程度に組み合わされて認められる。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

大辞林 第三版の解説

しんけいえん【神経炎】

末梢神経系の炎症。ニューロパチー。

出典|三省堂
大辞林 第三版について | 情報

世界大百科事典内の神経炎の言及

【神経痛】より

…たとえば,いわゆる坐骨神経痛は,腰椎椎間板ヘルニアなどによる神経根圧迫によることが多い。このようにはっきりとした器質的障害が原因の場合には,神経痛ではなく神経炎あるいはニューロパチーと呼ばれるのが普通である。この場合,前述の診断基準をすべて満足することはまれで,痛み以外に感覚異常,筋力低下,筋萎縮,栄養障害などの他覚的所見や病理学的変化が認められる。…

※「神経炎」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone

神経炎の関連情報