コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ビタミンB12発酵 ビタミンビーじゅうにはっこうvitamin B12 fermentation

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ビタミンB12発酵
ビタミンビーじゅうにはっこう
vitamin B12 fermentation

ビタミンB12は,生体高分子を除いた生体物質のなかで,分子量の大きな複雑な有機コバルト化合物で,構造が複雑なため化学合成がきわめて困難であり,もっぱら微生物を用いて発酵生産されている。生産法としては,糖質を原料としてプロピオン酸菌 Propionibacterium shermanii を培養する方法と,ストレプトマイシン発酵の副産物として得る方法とがある。菌体内ではアデノシンが配位したアデノシルコバラミン(補酵素B12)あるいはメチルコバラミン(メチルB12)として蓄積するが,培養液中にはそれらの分解物であるヒドロキソコバラミン(OH-B12)のかたちで存在する。培養物よりシアン化物(KCN)で抽出してシアノコバラミンとして単離することが多いが,アデノシルコバラミンとして製品も生産されている。メタン細菌にもかなり多量のビタミンB12が含まれている(→メタン発酵)。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

ビタミンB12発酵の関連キーワードアデノシルコバラミンヒドロキソコバラミンビタミンB12ビタミンB

今日のキーワード

OAR

2018年の平昌五輪に国家資格ではなく個人資格で参加したロシア国籍の選手のこと。「Olympic Athlete from Russia(ロシアからの五輪選手)」の略。14年ソチ五輪での組織的なドーピ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android