コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ビックスバーグ Vicksburg

翻訳|Vicksburg

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ビックスバーグ
Vicksburg

アメリカ合衆国,ミシシッピ州西部,ミシシッピ川とヤズー川との合流点にある都市。メンフィスニューオーリンズとのほぼ中間にあたり,河港として重要である。 1718年にフランス人が入植したが,10年後にインディアンに破壊された。その後汽船による輸送の中心として発展。南北戦争中には,47日にわたって北軍に包囲された。現在は保養地で,綿花,家畜,木材などの集散地でもある。人口2万 908 (1990) 。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ビックスバーグ
びっくすばーぐ
Vicksburg

アメリカ合衆国、ミシシッピ州西部、ウォーレン郡の郡都。人口2万6407(2000)。ミシシッピ川とヤズー川の合流点付近の高台に位置する、主要な河港である。周辺に産する綿花、木材、肉牛の集散地で、木工製品、機械部品、トレーラーハウス、飼料、肥料なども生産する。18世紀初期にはフランスの砦(とりで)が、1791年にはスペインの砦がそれぞれ建設された。1798年に合衆国領となり、1825年に市となった。戦略上重要な位置にあったため、南北戦争時ビックスバーグの攻防は激烈を極めた。[菅野峰明]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

ビックスバーグの関連キーワードチャンピオンヒルの戦いビックスバーグの戦いゲティズバーグの戦いチッカソー断崖の戦いアメリカ合衆国メリディアンペンバートングリアソン

今日のキーワード

アウフヘーベン

ヘーゲル弁証法の基本概念の一。あるものを否定しつつも、より高次の統一の段階で生かし保存すること。止揚。揚棄。→アン‐ウント‐フュール‐ジッヒ →弁証法...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android