コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ビットマップフォント びっとまっぷふぉんと

ASCII.jpデジタル用語辞典の解説

ビットマップフォント

文字の形をドット

出典|ASCII.jpデジタル用語辞典ASCII.jpデジタル用語辞典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

ビットマップ‐フォント(bitmap font)

コンピューターで用いる、文字の形を点(ドット)の集合で表現する書体。高速処理、高速表示というメリットに対し、文字を拡大表示すると字形が崩れるというデメリットがある。文字を輪郭線で表現するアウトラインフォントが一般的である。ドットフォント

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

百科事典マイペディアの解説

ビットマップフォント

字形情報をあらかじめドット(点)データで持ち,そのまま表示・印刷に使用するフォントアウトラインフォントに比べ処理時間はかからないが,文字を拡大・縮小すると一つ一つのドットをそのまま拡大・縮小するので,ギザギザが目立ったり形が崩れたりする。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

IT用語がわかる辞典の解説

ビットマップフォント【bitmap font】

コンピューターで使われる文字における、書体のデータ形式のひとつ。文字を点の集まりで表現する。初期のコンピュータープリンターで使われていたが、文字を拡大・縮小すると形が崩れてしまう欠点があり、機器の性能の向上に伴い、アウトラインフォントが広く普及している。◇「ドットフォント」ともいう。

出典|講談社IT用語がわかる辞典について | 情報

ビットマップフォントの関連情報