コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

字画 ジカク

デジタル大辞泉の解説

じ‐かく〔‐クワク〕【字画】

を構成する。また、その数。「字画を数える」

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

じかく【字画】

漢字を構成する点や線。また、その数。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

字画
じかく

文字の字形を構成する基本的かつ最小の要素。筆写の際には一筆で書かれる。点(てんかく)ともいう。ここではしばしば問題となる漢字の場合について述べる。漢字の字画のうち主要なもの(基本点画)にはそれぞれ名称があり、文部省編『筆順指導の手びき』(1958)によって示せば次のようになる(かならずしも原文どおりではない)。
 点(てん)  横画(よこかく、おうかく、よこ、よこぼう)  縦画(たてかく、じゅうかく、たて、たてぼう)  左払い(「人」の第1画に相当する画で、方向・長さにはいろいろある)  右払い(「人」の第2画に相当する画で、方向・長さにはいろいろある)また、次のような名称も用いられる。
 折れ 亅はね |一とめ
 曲がり 丿払い
 字画を組み合わせて字形を構成する順序を筆順とよび、社会的な習慣としてある程度定まっている。また、組み合わせた字画の個数が画数(かくすう)である。筆順については前述の『筆順指導の手びき』に示されたように、(1)上から下へ(三・工)、(2)左から右へ(川・竹・休)、という大原則があり、このほか横画が先(十・土・士)、中が先(小・当・水)、外側が先(国・同)、などの原則があるが、二つ以上の筆順が行われているもの(必・馬など)や原則のたてられないもの(廴は他の部分より先に、は他の部分よりあとに書く)もある。[月本雅幸]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

字画の関連キーワード瓜に爪あり爪に爪なし書き崩す・書崩すTDK歴史館捨て筆・捨筆嘘字・噓字俏し書き崩し書き筆跡鑑定抄物書き国書解題姓名判断記録書片仮名抄物書書崩す画引き崩し書書崩し二合体難字

今日のキーワード

俳句甲子園

1998年から松山市で開かれる全国高等学校俳句選手権大会。高校生が5人1組で句の優劣をディベートで競い合う。チームでの勝敗とは別に、個人の最優秀句も選ぶ。今年は過去最多の41都道府県から121校、15...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

字画の関連情報