コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

字画 ジカク

3件 の用語解説(字画の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

じ‐かく〔‐クワク〕【字画】

漢字を構成する点や線。また、その数。「字画を数える」

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版の解説

じかく【字画】

漢字を構成する点や線。また、その数。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

字画
じかく

文字の字形を構成する基本的かつ最小の要素。筆写の際には一筆で書かれる。点画(てんかく)ともいう。ここではしばしば問題となる漢字の場合について述べる。漢字の字画のうち主要なもの(基本点画)にはそれぞれ名称があり、文部省編『筆順指導の手びき』(1958)によって示せば次のようになる(かならずしも原文どおりではない)。
 点(てん)  横画(よこかく、おうかく、よこ、よこぼう)  縦画(たてかく、じゅうかく、たて、たてぼう)  左払い(「人」の第1画に相当する画で、方向・長さにはいろいろある)  右払い(「人」の第2画に相当する画で、方向・長さにはいろいろある)また、次のような名称も用いられる。
 折れ 亅はね |一とめ
 曲がり 丿払い
 字画を組み合わせて字形を構成する順序を筆順とよび、社会的な習慣としてある程度定まっている。また、組み合わせた字画の個数が画数(かくすう)である。筆順については前述の『筆順指導の手びき』に示されたように、(1)上から下へ(三・工)、(2)左から右へ(川・竹・休)、という大原則があり、このほか横画が先(十・土・士)、中が先(小・当・水)、外側が先(国・同)、などの原則があるが、二つ以上の筆順が行われているもの(必・馬など)や原則のたてられないもの(廴は他の部分より先に、は他の部分よりあとに書く)もある。[月本雅幸]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

字画の関連キーワードコハク酸人口学字形字典人員ぼつぼつ織成すJIS漢字細胞骨格タンパク質

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone

字画の関連情報