コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ビドール

2件 の用語解説(ビドールの意味・用語解説を検索)

百科事典マイペディアの解説

ビドール

フランスのオルガン奏者,作曲家。ハンガリー人を祖先にもつ。生地リヨンでオルガン奏者の父に学んだのち,ブリュッセル音楽院に入学。J.S.バッハの流れを引くオルガン奏者J.N.レメンス〔1823-1881〕らに師事。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ビドール【Charles‐Marie Widor】

1845‐1937
フランスのオルガン奏者,作曲家。ブリュッセル音楽院でJ.S.バッハの流れを汲むレメンスらに学ぶ。1869‐1933年パリのサン・シュルピス教会オルガン奏者。また1890年からパリ音楽院でオルガン教授,フーガ対位法の教授,作曲教授を務め,デュプレオネゲルらを育てた。即興演奏とともにJ.S.バッハの演奏にすぐれ,オルガンを教えたA.シュワイツァーとバッハの《オルガン作品集》5巻(1912‐14)を編集。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

世界大百科事典内のビドールの言及

【オルガン】より

…オルガンの音色もオーケストラを模し,音量の増減を行う演奏補助装置を付加して,時代の要求にこたえた。フランスのカバイエ・コルA.Cavaillé‐Coll(1811‐99)の作ったロマンティック・オルガンは,その代表的なもので,C.フランク,ギルマンF.A.Guilmant(1837‐1911),ビドールC.M.J.A.Widor(1845‐1937)など交響楽派とよばれる人々が,この楽器を駆使して交響曲風の作品を書いた。ドイツでは全般に衰退がいちじるしく,オルガンで名人芸を披露したリスト,メンデルスゾーン以外は目だった活躍がみられない。…

【オルガン】より

…オルガンの音色もオーケストラを模し,音量の増減を行う演奏補助装置を付加して,時代の要求にこたえた。フランスのカバイエ・コルA.Cavaillé‐Coll(1811‐99)の作ったロマンティック・オルガンは,その代表的なもので,C.フランク,ギルマンF.A.Guilmant(1837‐1911),ビドールC.M.J.A.Widor(1845‐1937)など交響楽派とよばれる人々が,この楽器を駆使して交響曲風の作品を書いた。ドイツでは全般に衰退がいちじるしく,オルガンで名人芸を披露したリスト,メンデルスゾーン以外は目だった活躍がみられない。…

※「ビドール」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone

ビドールの関連情報