コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ビヤン Boris Vian

大辞林 第三版の解説

ビヤン【Boris Vian】

ビアン

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

百科事典マイペディアの解説

ビヤン

フランスの小説家。エンジニアを職とするかたわら小説,詩,戯曲を書き,ジャズ・トランペット奏者としても知られていた。代表作に《日々の泡》(1947年)があり,人生の不条理に対する怒りと奔放な幻想がみごとに調和され,それが彼の作風となっている。
→関連項目デニソフ

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ビヤン【Boris Vian】

1920‐59
フランスの作家。第2次世界大戦直後の実存主義文学の時代に,ジャズ奏者,作詞・作曲家,歌手,俳優として活躍するかたわら,小説や戯曲や詩を書いていたが,死後の60年代半ばになって,フランスの若者たちの間にビヤン・ブームが巻き起こり,一躍高い評価を得るようになった。戦後の若者たちの風俗を背景に,奇妙で美しい恋愛物語を展開させた代表作《日々の泡》(1947)をはじめ,小説《北京の秋》(1947),《赤い草》(1950),《心臓抜き》(1953),戯曲《帝国の建設者》(1959初演)など,彼の作品はいずれも幻想的・非現実的であると同時に,哀愁と黒い笑いに満ちている。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

ビヤンの関連キーワードGIRL僕らの未来に子供たちはイエスというかunplugged~アンプラグド~サラリーマンでんがなまんがな節さよならロビンソンクルーソー時には母のない子のようにアラビア半島のアルカイダハートにブルーのワクチン飛べないオトメの授業中オカンは宇宙を支配するラヴ・シミュレーションシャルル ナポレオン超能力戦隊エスパーズ隣のレジの梅木さんパンダ、誘拐される非政府組織モグラ団ミシェル サパンエベーヌ四重奏団君は空を見てるか今日は渋谷で6時

今日のキーワード

奨学金破産

学生が国の奨学金制度を利用したものの、返済の目途が立たずに自己破産すること。国内の自己破産の総件数は2003年をピークに減少傾向にあるが、このうち奨学金関連の破産は3000人前後の状況が続いており、1...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android