コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ビリジアン viridian

翻訳|viridian

色名がわかる辞典の解説

ビリジアン【viridian】

色名の一つ。ビリジャン、ヴィリディアンとも表記する。JISの色彩規格では「くすんだみの」としている。一般に、水酸化クロムを主原料とする顔料のような、やや青みがかった緑をさす。この顔料は1859年にフランスで発見され、主に絵の具や塗料などに用いられている。ビリジアンはラテン語で緑の成長を意味する。

出典 講談社色名がわかる辞典について 情報

大辞林 第三版の解説

ビリジアン【viridian】

酸化クロムを主成分とした青緑色の顔料。また、その色。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ビリジアン
びりじあん
viridian

1859年フランスのギネーGuignetによりつくられた緑色顔料。ギネーグリンともいう。重クロム酸カリウムK2Cr2O7あるいは重クロム酸アンモニウム(NH4)2Cr2O7に、ホウ酸H3BO3を重量比で4倍以上配合し、600~750℃で焼成、溶融物を熱湯で洗浄後、乾燥して得られる。組成はまだ確定されていないが、クロムの価数は三価で、H2OかOHのいずれかの形で水が含まれている。加熱すると約300℃以上で、脱水により黒みを帯びるようになり、酸化クロム()を生成する。油絵の具、水彩絵の具には欠かせない顔料の一つで、ほかにペイント、エナメル、ラッカー、プラスチックの着色剤としても用いられる。[大塚 淳]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内のビリジアンの言及

【水酸化クロム】より

…熱すると脱水して酸化クロム(III)Cr2O3となる。緑色顔料として知られるビリジアンviridianはCr2O3・2H2Oであるとされる。【中原 勝儼】。…

※「ビリジアン」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

キラウエア火山

ハワイ諸島の南東端、同諸島中最大のハワイ島南東部を占める玄武岩質の活火山。標高1222メートル。島の中央部にあるマウナ・ロア山、マウナ・ケア山と同様に、傾斜が平均6~7度の緩やかな楯状(たてじょう)火...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android