コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ビロードハマキ Cerace xanthocosma

世界大百科事典 第2版の解説

ビロードハマキ【Cerace xanthocosma】

鱗翅目ハマキガ科の昆虫。翅の開張3~5cmで,この科のガの中での最大種である。前翅はビロードのような黒地に無数の黄色短条や小さな紋をちりばめ,基部から外縁に向かって翅の中央を赤帯が走り,外縁部も赤色。後翅と腹部は橙黄色で,黒紋が多数ある。雄は小型で,色彩が濃く,後翅の外半はほとんど黒い。本州(関東以西),四国,九州,屋久島に分布する。年2回の発生で,6~10月に成虫が出る。昼飛性だが,灯火にも飛来する。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ビロードハマキ
びろーどはまき / 天鵝絨葉巻蛾
[学]Cerace xanthocosma

昆虫綱鱗翅(りんし)目ハマキガ科に属するガ。ハマキガ科のなかではもっとも大形の種で、はねの開張は雄35ミリ内外、雌は45ミリ内外。はねは細長く、前翅は黒色と黄色の細かなまだら模様で、基部から外縁に向かって中央部を赤帯が走り、外縁部も赤い。後翅は橙黄(とうこう)色の地に黒紋が多数あり、雄では外縁部がかなり黒っぽい。幼虫は、カエデ、アセビ、ツバキ、カシなどの葉をつづって食べる。本州、四国、九州、対馬(つしま)、屋久(やく)島に分布する。成虫は昼飛性であるが、灯火にも飛来する。[井上 寛]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

今日のキーワード

金城湯池

1 《「漢書」蒯通伝から。「湯池」は熱湯をたたえた堀》守りが非常に固く、攻めるのが難しい城。金湯。2 堅固で、他から侵害されにくい勢力範囲。「保守派の金城湯池」...

続きを読む

コトバンク for iPhone