コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ビロードハマキ Cerace xanthocosma

2件 の用語解説(ビロードハマキの意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

ビロードハマキ【Cerace xanthocosma】

鱗翅目ハマキガ科の昆虫。翅の開張3~5cmで,この科のガの中での最大種である。前翅はビロードのような黒地に無数の黄色短条や小さな紋をちりばめ,基部から外縁に向かって翅の中央を赤帯が走り,外縁部も赤色。後翅と腹部は橙黄色で,黒紋が多数ある。雄は小型で,色彩が濃く,後翅の外半はほとんど黒い。本州(関東以西),四国,九州,屋久島に分布する。年2回の発生で,6~10月に成虫が出る。昼飛性だが,灯火にも飛来する。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ビロードハマキ
びろーどはまき / 天鵝絨葉巻蛾
[学]Cerace xanthocosma

昆虫綱鱗翅(りんし)目ハマキガ科に属するガ。ハマキガ科のなかではもっとも大形の種で、はねの開張は雄35ミリ内外、雌は45ミリ内外。はねは細長く、前翅は黒色と黄色の細かなまだら模様で、基部から外縁に向かって中央部を赤帯が走り、外縁部も赤い。後翅は橙黄(とうこう)色の地に黒紋が多数あり、雄では外縁部がかなり黒っぽい。幼虫は、カエデ、アセビ、ツバキ、カシなどの葉をつづって食べる。本州、四国、九州、対馬(つしま)、屋久(やく)島に分布する。成虫は昼飛性であるが、灯火にも飛来する。[井上 寛]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ビロードハマキの関連キーワード枯葉蛾孔雀蝶蝙蝠蛾小菜蛾天狗蝶毒蛾虎蛾蜂蜜蛾草蜉蝣葉巻蛾

今日のキーワード

アレルギー

語源はギリシャ語。「変わった(変えられた)働き」です。関係しているのは、人間の免疫システム。免疫は本来、人の体を守る仕組みですが、ときに過剰反応し、不快な症状を引き起こすことがあります。それがアレルギ...

続きを読む

コトバンク for iPhone