ビーハン

世界大百科事典 第2版の解説

ビーハン【Brendan Francis Behan】

1923‐64
アイルランドの作家。アイルランド国歌《兵士フィアナの歌》の作詞者キアニーPeadar Kearneyの甥。共和主義的な家庭で育ち,1937年にIRAに加入した。39年にイギリスのリバプールで爆発物所持のため逮捕され,3年の刑を宣告されてボースタル少年院で服役し,この経験が後にベストセラー《ボースタル・ボーイ》(1958)を生む。41年に釈放され,アイルランドに強制送還されるが,まもなく警察官殺害未遂で再び逮捕された。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

世界大百科事典内のビーハンの言及

【アイルランド演劇】より

…50年代にできたパイク座Pike Theatreは,気鋭の演出家アラン・シンプソンのもと,ベケットの《ゴドーを待ちながら》のアイルランド初演をロンドン初演と同年(1955)に行って気を吐いた。ブレンダン・ビーハンBrendan Behanの《死刑囚》(1954初演),同じ作者がまず58年にゲーリック語で書き後に英語に書き改めて国際的に有名になった《人質》もこの劇場で初演された。両作品とも,反英非合法活動を題材とし,アメリカやカナダでは上演禁止となったほど激しい風刺や猥雑な台詞に満ちている。…

※「ビーハン」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

チェブラーシカ

エドゥアールト・ウスペンスキーによるロシアの児童書「わにのゲーナ」(1967年発表)、また同作品を原作とする、人形アニメーション映画「チェブラーシカ」(1969~83年、ロマン・カチャーノフ監督)から...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android