コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ピアツーピア ぴあつうぴあ

ASCII.jpデジタル用語辞典の解説

ピアツーピア

専用のサーバーを使うことなく、接続されたコンピューター同士がコミュニケーションするネットワーク形態。Macintoshの場合、漢字Talk 7.1以降、ピアツーピア型LANを実現するファイル・サーバー機能を備えている。【同】クライアント/サーバー

出典 ASCII.jpデジタル用語辞典ASCII.jpデジタル用語辞典について 情報

デジタル大辞泉の解説

ピア‐ツー‐ピア(peer to peer)

《peerは、同僚・仲間の意》特定のサーバークライアントをもたないコンピューターネットワークの環境。特に、不特定多数のコンピューターが、サーバーを介さずに直接データのやり取りをする方式やソフトウエアのこと。ピアツーピアネットワークP2PPtoP

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

IT用語がわかる辞典の解説

ピアツーピア【peer to peer】

コンピューターネットワークの形態のひとつ。接続された複数のコンピューターが対等な関係にあり、特定のサーバーを介さず互いにサーバーの役割クライアントの役割を担う。◇「peer」は同僚・仲間の意。「P2P」とも書く。また、「ピアトゥーピア」「P to P(ピーツーピー)」ともいう。

出典 講談社IT用語がわかる辞典について 情報

ピアツーピアの関連キーワードWindows for Workgroupsワークグループネットワークインスタントメッセンジャーpeer to peerソーシャルレンディングソーシャルファイナンスBitTorrentファイル交換ソフトLANtasticGnutellaデンマーク文学ビットトレントビットコインP2PソフトSkypeP2P金融スカイプバイバーウィニーLINE

今日のキーワード

フィンテック

IT(情報技術)を駆使した金融サービスの創出のこと。「金融(Financial)」と「技術(Technology)」を組み合わせた米国発の造語で、2008年のリーマンショック以降発展したとされている。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android