ピアプレッシャー(読み)ぴあぷれっしゃー

ASCII.jpデジタル用語辞典の解説

ピアプレッシャー

仲間からの圧力」という意味。例えば、日本企業の特徴は「仲間との和」を重んじる家族主義的な経営。そのような環境では「仲間に迷惑はかけられない」「仕事が遅れたら申し訳ない」といった心理が働く。そのことが仲間との協力関係を醸成し、大きな成果に結びつく。一方、この傾向が行き過ぎると、互いが監視し合う居心地の悪い環境になり、ストレス温床になると言われる。最近では日本的経営を取り入れた海外企業でも、日本の国内企業と同じようにプラス効果とマイナス効果が顕在化しつつあるという。

出典 ASCII.jpデジタル用語辞典ASCII.jpデジタル用語辞典について 情報

人事労務用語辞典の解説

ピアプレッシャー

お互いに監視しあう水平管理の強い組織では、周囲との和や全体の利益を重んじ、誰もが集団で認められた規律や価値観、行動様式に従わなければならないとする同化圧力が働くことがよくあります。これを「ピアプレッシャー」と呼びます。ビア(peer)は、英語で「仲間」「同僚」の意。ピアプレッシャーとは、自らが所属する集団のメンバーや職場の同僚など、同じ立場の仲間からの監視によって生じる心理的圧迫感のことです。
(2013/9/9掲載)

出典 『日本の人事部』人事労務用語辞典について 情報

今日のキーワード

余震

初めの大きい地震に引き続いて,その震源周辺に起こる規模の小さい地震の総称。大きい地震ほど余震の回数が多く,余震の起こる地域も広い。余震域の長径の長さは,地震断層の長さにほぼ対応している。マグニチュード...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android