ピウス7世(読み)ピウスななせい(英語表記)Pius VII

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ピウス7世
ピウスななせい
Pius VII

[生]1742.8.14. チェゼナー
[没]1823.8.20. ローマ
教皇 (在位 1800~23) 。本名 Barnaba Gregorio Chiaramonti。 1758年ベネディクト会入会。 82年にはチボリ司教。 85年イモラ司教,枢機卿。フランス軍占領下に登位し,1801年譲歩して結んだ政教条約でフランスでの教会再興をかちえた。ナポレオンの皇帝即位後,関係は悪化し,09年教皇領はフランスへ完全に併合,教皇は捕囚となった。ナポレオン没落後,14年ローマに帰還し,ウィーン会議では教皇領のほとんどを回復。 14年イエズス会を復興させた。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

367日誕生日大事典の解説

ピウス7世

生年月日:1742年8月14日
教皇(在位1800〜23)
1823年没

出典 日外アソシエーツ「367日誕生日大事典」367日誕生日大事典について 情報

今日のキーワード

夏至

二十四節気の一つであるが,二至 (夏至,冬至) ,二分 (春分,秋分) の四季の中央におかれた中気。夏至は太陰太陽暦の5月中 (5月の後半) のことで,太陽の黄経が 90°に達した日 (太陽暦の6月 ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android