ピエール キヤール(英語表記)Pierre Quillard

20世紀西洋人名事典「ピエール キヤール」の解説

ピエール キヤール
Pierre Quillard


1864 - 1912
フランスの詩人,劇作家
パリ生まれ。
アルメニアと東洋問題の権威者で、詩の分野では高踏派に属し、詩劇では象徴派の影響を強く受ける。詩は「言葉の栄光」(1891年)、「雄々しくも哀れな竪琴」(1897年)が高く評価され、ルコント・ド・リールの影響を受ける。詩劇は1891年芸術座上演の「両手を切りとられた乙女」(1886年)、1896年ウーヴル座上演の「さまよう女」(1896年)があり、また「ピロクテテス」(1896年)、「擬曲」(1901年)等のギリシャ文学の翻訳もある。

出典 日外アソシエーツ「20世紀西洋人名事典」(1995年刊)20世紀西洋人名事典について 情報

今日のキーワード

トンガ(国)

太平洋南西部、日付変更線のすぐ西側(南緯約20度・西経約175度)に位置するポリネシア唯一の王国。トンガ海溝に沿って、その西側に南北に連なる諸島をトンガ諸島といい、この諸島をあわせて1970年にトンガ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android