コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ピカタ 〈イタリア〉piccata

デジタル大辞泉の解説

ピカタ(〈イタリア〉piccata)

イタリア料理の一。肉や魚の薄切り小麦粉ととき卵をつけて焼いたもの。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

百科事典マイペディアの解説

ピカタ

イタリアの肉料理子牛肉や豚肉を薄切りにし,塩,コショウをして小麦粉をまぶし,とき卵をつけて,サラダ油黄金色に焼く。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

和・洋・中・エスニック 世界の料理がわかる辞典の解説

ピカタ【piccata(イタリア)】

イタリア料理の一つ。薄切り肉などに塩・こしょうして小麦粉をまぶし、溶き卵をつけてバターや油で焼いたもの。卵にパルメザンチーズを混ぜることも多い。豚肉・子牛肉を用いることが多いが、鶏肉など他の肉類、魚介類、ズッキーニなどの野菜を用いることもある。◇「ピッカータ」ともいう。

出典 講談社和・洋・中・エスニック 世界の料理がわかる辞典について 情報

大辞林 第三版の解説

ピカタ【piccata】

薄切りの肉を小麦粉と卵の衣で包み、油で焼いたイタリア料理。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

ピカタの関連キーワードベロニカ(ゴマノハグサ科)チャンディ・プランバナンイタリア料理プランバナンセイアヌスイタリア

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

ピカタの関連情報