コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ピグー効果 ピグーこうか Pigou effect

4件 の用語解説(ピグー効果の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ピグー効果
ピグーこうか
Pigou effect

価格水準の下落による保有貨幣の実質的価値の増加が消費や貯蓄に与える効果をいう。 J. M.ケインズ (およびケインズ学派) と A. C.ピグーとの間に戦わされた雇用理論に関する論争において,ピグー貨幣賃金切下げが価格水準を引下げるというケインズの主張を認めたうえ,「価格水準の下落によって所有貨幣の実質的価値は増加し,より一層の物価下落はないという期待のもとで貯蓄意欲は減少し,消費支出は増大する (ケインズの主張する利子率の低下という経路を通ることなく) 。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

知恵蔵2015の解説

ピグー効果

物価の変動により、貨幣などの名目資産の実質価値の変化が有効需要に影響を与える効果。実質残高効果ともいう。ケンブリッジ大学のピグーは、労働者の貨幣賃金の切り下げに伴う物価下落は、現金や預金などの名目資産の実質価値を高めることになるため、この点では労働者の購買力の上昇と有効需要の増加を招き、それゆえ貨幣賃金の切り下げは失業者の救済になりうると考えた。これに対してケインズは、不況の時に労働者の貨幣賃金を切り下げれば、労働者の購買力の低下と有効需要の減少、それに伴う物価下落を招くだけであり、失業者の救済にはならない、としている。

(荒川章義 九州大学助教授 / 2007年)

出典|(株)朝日新聞出版発行「知恵蔵2015」
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

ピグー‐こうか〔‐カウクワ〕【ピグー効果】

物価が下がると、消費者が保有している残高の実質的価値が高まり、消費が促進されるという効果。英国の経済学者ピグーの説。実質残高効果。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版の解説

ピグーこうか【ピグー効果】

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内のピグー効果の言及

【資産効果】より

…それに対して,新古典派の経済学者たちの間から,消費を決定するもう一つの重要な要因として,保有資産の残高が挙げられ,資産効果の存在が,ケインズの乗数効果に無視しえない影響を与えるということを指摘した。その代表的な経済学者はA.C.ピグーであったので,資産効果はしばしばピグー効果とも呼ばれる。 現在,資産効果は狭い意味でのピグー効果だけでなく,もっと一般的な意味に用いられている。…

【ピグー】より

…そうした総合的な立場は彼の《雇用と均衡》(1941)に示されている。なおケインズ派との論争の過程において,賃金と物価が低落すれば人々の保有する貨幣的資産の実質価値が高まり,それが消費を増加させるかもしれないという考え方が示唆され,これは〈ピグー効果Pigou effect〉(実質残高効果ともいう)と呼ばれるようになった。厚生経済学【熊谷 尚夫】。…

※「ピグー効果」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

ピグー効果の関連キーワード実質所得名目賃金資産再評価名目貨幣名目資本実質GDP投資リスク名目国内総生産想定元金額譲渡益

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone