コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ピッツート ピッツート Pizzuto, Antonio

2件 の用語解説(ピッツートの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ピッツート
ピッツート
Pizzuto, Antonio

[生]1893. パレルモ
[没]1976.11.23. ローマ
イタリアの小説家。中年を過ぎてから作家活動を開始したが,一部の批評家からは 20世紀イタリア文学の最前衛に位置すると考えられている。主著『ロジーナ嬢』 Signorina Rosina (1959) ,『ラベンナRavenna (62) ,『自転車』 La bicicletta (66) ,『遺言』 Testamento (69) 。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

ピッツート【Antonio Pizzuto】

1893‐1976
イタリアの作家。内務省高官を退職後,作家として登場するが,たちまちイタリアの小説変革の旗手の一人となった。初期の《ロジーナ嬢》(1959),《人形修理》(1960)には,まだ自伝的側面も透けてみえるが,《ラベンナ》(1962),《断章》(1964),《自転車》(1966)などの作品になると,旧来の小説の殻を打破しようとする明確な意図のもとに,作品に対する読み手の参加を呼びかけ,その参加をまって初めて,一見,脈絡を欠いているかと思われる短章群が,精緻な極込細工のように再構築されるという前衛的手法をとる。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

ピッツートの関連キーワードボッカチオタブッキイタリアンANSAイタリア奇想曲イタリアのハロルドイタリア料理の日西部の娘ドン・カルロ閉鎖世界チャタリア

今日のキーワード

太陽系外惑星

太陽以外の恒星を回る惑星。その存在を確認する方法として、(1)惑星の重力が引き起こす恒星のわずかなふらつき運動を、ドップラー効果を用いて精密なスペクトル観測により検出する、(2)惑星が恒星の前面を通過...

続きを読む

コトバンク for iPhone