コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ピントゥリッキョ

2件 の用語解説(ピントゥリッキョの意味・用語解説を検索)

百科事典マイペディアの解説

ピントゥリッキョ

イタリアの画家。本名ベルナルディーノ・ディ・ベット・ディ・ビアージョBernardino di Betto di Biagio。1480年―1484年ペルジーノの助手としてシスティナ礼拝堂の壁画制作に携わる。
→関連項目ウンブリア派

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ピントゥリッキョ【Pinturicchio】

1454ころ‐1513
イタリア,クアトロチェント(15世紀盛期ルネサンス)の画家。ピントリッキョPintoricchioともつづる。本名ベルナルディーノ・ディ・ベット・ビアージョBernardino di Betto Biagio。おそらくペルージア生まれる。1481年から数年間ローマで,生涯にわたって影響を受けたペルジーノの助手としてシスティナ礼拝堂の壁画制作に携わる。その後もバチカン宮殿内のアパルタメント・ボルジア(1492‐95ころ)や,シエナ大聖堂にあるピッコロミーニ図書館(1503‐08)等の一連の壁画を手がけた。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

世界大百科事典内のピントゥリッキョの言及

【ウンブリア派】より

ペルジーノに至って確かな造形形態に温雅で感傷的な表現を漂わせたウンブリア派の様式が確立される。続くピントゥリッキョは華やかな色彩による物語描写を,シニョレリは人体の動態表現を発展させた。ラファエロはこのウンブリア派のもとで初期の芸術形成を行った。…

※「ピントゥリッキョ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone