コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ファスチ fasti

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ファスチ
fasti

古代ローマにおける dies fasti (神の掟によって法的・公共的行為が許される日) の表に由来し,法廷の開廷日録の意味から次第に政務官表,戦勝録,暦をも意味するにいたった。フォールム (広場) に公示された最初の例は前 304年。月日,祝祭日,神殿奉献日その他さまざまな情報が石や大理石に刻まれた。現存するのは前 70年のアンチウム執政官 (コンスル ) 表,アウグスツス帝の凱旋門に飾られていたカピトリヌス丘のファスチなどで,いずれもローマ史の年代確定上重要な史料。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

ファスチの関連キーワード祭暦オウィディウスオウィディウス古典考古学フローラ(女神)怒りの日佐藤寛太007トゥモロー・ネバー・ダイ虚栄は死なず皆殺し

今日のキーワード

やおら

[副]1 ゆっくりと動作を起こすさま。おもむろに。「やおら立ち上がる」2 静かに。そっと。「姫君、御硯(すずり)を―引き寄せて」〈源・橋姫〉[補説]文化庁が発表した平成18年度「国語に関する世論調査」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android