コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ファット ファット fat

翻訳|fat

3件 の用語解説(ファットの意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

ファット(fat)

脂肪の多いこと。また、脂肪。「ロー―ミルク

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版の解説

ファット【FAT】

〖file allocation table〗
コンピューターのファイル管理情報を収める記憶装置上の領域。これにより、ファイルが占有するディスク上の領域が指示される。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ファット
ふぁっと
Jacques Fath
(1912―1954)

フランスの服飾デザイナー。両親の希望で株の売買を志したが、1937年念願のクチュール店を開店。40年代には、その芸術的才能により、パリ・クチュール界のアンファン・テリブル(恐るべき子供)といわれた。第二次世界大戦後、アメリカの企業家と契約し、サイズ別の既製服を大量生産した最初のクチュリエ(仕立屋)となる。華麗で人々を喜ばせる服作りを得意とし、とくにエレガントセクシーな夜のドレスには定評があった。42歳の若さで白血病で没したのち、店は夫人のジュヌビエーブにより57年まで継続された。テントコートマニッシュ・ルック、Sカーブラインなどが有名である。[深井晃子]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ファットの関連キーワード脂身脂肪質ローファットミルク脂油長鎖脂肪酸ゲルベル試験高脂肪食脂肪含量脂肪低減食動物脂肪比

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

ファットの関連情報